若年性更年期障害の症状をチェック

若年性更年期障害の症状の原因と特徴は?

イライラして怒りっぽい、憂鬱になる、疲れやすい、肩こり・・
生理は止まっていますか?

 

若年性更年期障害かなと思ったらまずは症状をチェック。もしかすると更年期障害ではないかもしれません

 

 

更年期障害とは

卵巣機能が低下し排卵がなくなり、生理が完全に止まることを閉経といいます。
更年期は閉経前後の約10年のことをいいます。

 

平均的には40代半ば〜50代にかけて起こります。
閉経しない20代では更年期はありえず、30代でもごく稀にしか起こりません。

 

10代の方はもちろんですが20代でも更年期障害ではありません。
30代でも生理があれば更年期障害の可能性は小さいです。

 

10代〜30代で更年期障害かなと思ったら、PMSや自律神経失調症の症状をチェックしてみてください。

 

更年期障害の症状をチェック

更年期は生理が不順(こなくなってきた)、止まっているという状態が前提です。

 

更年期障害の典型症状
  1. ほてり(ホットフラッシュ)
  2. のぼせ
  3. 汗をかく
  4. 動悸がして息切れがする

 

よくある症状

手足が冷えやすい
寝付きにくい
頭痛・めまい・吐き気がある
肩こり・腰痛がでる
イライラして怒りっぽい
憂鬱になる
疲れやすい
トイレが近い・尿漏れ

 

 

更年期障害の特徴

更年期障害は、ホットフラッシュが大きな特徴です。
かーっと熱くなったり、顔が赤くなったり、汗がだらだらでたり
数時間おきに起こる方やたまに起こる方など頻度は人それぞれです。

 

汗やのぼせも大きな特徴です。自律神経がうまく働かなくなることで起こります。
よくホットフラッシュと一緒に出ます。

 

更年期かどうかわかりないときは
婦人科にかかり血液検査をしてホルモン量を調べると確実な診断がつきます。

 

<関連記事>
20代、30代の場合はPMSの症状もチェック