うつ病 若年性更年期障害 違い

イライラ憂鬱、若年性更年期障害とうつ病の違いは

憂鬱感
イライラ感
集中力の低下
ぼーっとする
やる気が起きない
などの症状は、うつ病?それとも更年期障害で起こるものでしょうか。

 

うつ病の特徴

日内変動がある(午前中に悪く、午後軽くなる)
生理周期に関係なく、ずっと症状が続く
生理不順はない(正常は25日〜38日周期)

 

更年期障害の特徴

日内変動がない
生理不順がある・生理が止まっている
ホットフラッシュ(のぽせ・ほてり・大量の汗など)が起こることが多い

 

 

うつ病でも更年期障害でも共通する症状

体の症状では
下痢・便秘、食欲不振、頭痛、腹痛、肩こり、動悸、しびれ、吐き気、めまい、冷え、

 

心の症状では
イライラ、憂鬱、落ち込み、集中力の低下、不安、忘れっぽい、不眠
などが共通して起こります。

 

ポイントは、生理の不順とホットフラッシュの有無です。

 

 

日常生活に支障があるほど症状がひどい場合は、うつ病の場合は精神科に、更年期障害の場合は婦人科に行くことをおすすめします。