若年性更年期ではなく生理前症候群かも

20代〜30代は若年性更年期障害それともPMS?

若い年代で更年期障害のような症状が出る場合、若年性更年期障害かもしれないと思うことがあるでしょう。
その場合は、更年期障害とよくにた症状「生理前症候群PMS」の症状に当てはまらないかチェックしてみましょう。

 

 

10代〜30代で起こる若年性更年期障害?

 

実は若年性更年期障害という病気はありません。
更年期障害は閉経する時に起こるものです。

 

10代や20代では無月経になっても閉経はしませんし、30代でも閉経する方は稀なのです。

 

しかし、若年性更年期障害と紛らわしい病気があります。
自律神経失調症と生理前症候群(PMS)です。

 

10代〜30代で若年性更年期障害と思っている方の多くは、自律神経失調症か生理前症候群であることが多いです。

 

 

生理前症候群(PMS)の症状

 

  • イライラして怒りっぽくなる
  • 憂鬱で落ち込む
  • 泣きたくなる
  • 情緒不安定になる
  • ぼっーとする
  • 強い眠気

 

  • 乳首が痛い
  • 胸が張る
  • めまい
  • 手足や体のむくみ
  • 手足の冷え
  • 頭痛
  • 風邪のような症状
  • 吐き気
  • 下痢や便秘になる

 

  • 倦怠感
  • 疲れやすい

 

PMSでは更年期障害と違ってホットフラッシュや動悸などがでません。

 

PMSにはチェストツリーというハーブが入ったPMSサプリがあります。
頭痛、イライラ、体調不良が楽になるかもしれません。

 


毎月の不調をサプリメントで対処!