若年性更年期障害と自律神経失調症のチェック

自律神経失調症と若年性更年期障害の違い

実は若年性更年期障害という病気はありません。
更年期障害は閉経する時に起こる症状です。

 

 

10代〜30代で起こる若年性更年期障害?

 

若年性更年期障害と紛らわしい病気に「自律神経失調症」があります。

 

自律神経失調症の症状

 

心の症状

やる気が出なくなる
集中力がなくなる
記憶力が落ちる
不安
イライラ
落ち込み

 

体の症状

倦怠感(だるさ)
疲れやすい
めまい
耳鳴り

 

頭痛
息が苦しい・呼吸困難感
しびれ
口渇(口が渇く)
肩こり・筋肉痛・関節痛
動機

 

上腹部の不快感・胸焼け
残便感・残尿感
頻尿
多汗
冷え
嘔吐(吐く)
食欲不振
腹痛
下痢・便秘

 

 

自律神経失調症の特徴

 

朝に悪く、午後に軽くなる
夏に悪化しやすい
出る症状が変わることがある
生理と無関係に起こる