若年性更年期障害を治療したい

こんな症状は若年性更年期障害?

 

  • イライラしやすくなった
  • すぐにキレてしまう
  • 憂鬱で涙もろくなって泣いてしまう
  •  

  • 疲れやすい
  • 体がむくむ
  • 手足が冷える
  • 胸が張って痛い
  • 頭痛がする

 

20〜30代で更年期とそっくりの症状がでる・・若年性更年期障害かなと思っているあなた
実は、若年性更年期障害という病気はありません!

 

 

実は若年性更年期障害という病気はない

 

本当の更年期障害の場合は

  • 必ず生理不順がある(38日以上生理が来ない)
  • そして数年で月経が全くなくなる
  • ホットフラッシュ(のぼせ・ほてり・発汗)がある

 

更年期障害っぽい症状が何年も続いているけれど、生理が完全に止まらないなら更年期障害ではありません。

 

※生理不順は、更年期障害以外でも起こります
※自律神経失調症があるとホットフラッシュのような症状が起こることもあります

 

 

更年期障害

更年期障害というのは卵巣の老化現象です。閉経前後に起きます。

 

卵巣が老化し卵巣機能が低下した状態です。
卵巣ホルモンがでなくなり、更年期障害の症状がでてきます。
※卵巣ホルモンはエストロゲンや黄体ホルモンのことです。

 

 

更年期以外で生理がこない原因

  • 無月経・希発月経
  • よくあるのが、ダイエットのしすぎで無月経になること
  • ダイエットのしすぎで体重が少ない(BMIが18.5以下)
  • 栄養失調状態
  • 過労や強いストレスで自律神経が乱れている

 

 

 

若年性更年期障害とそっくりの病気=PMS

実は若年性更年期障害ととても似ている病気があります。
それは、月経前症候群(PMS)です

 

生理前症候群(PMS)チェックリスト

  • 訳もなくイライラする
  • すぐにキレたり八つ当たりしてしまう
  • 憂鬱で落ち見込む
  • 涙もろくなって泣いてしまう
  • 記憶力・集中力が低下する
  • ぼっーとする

 

  • 疲れやすい
  • 倦怠感がある
  • 体がむくむ
  • 手足が冷える
  • 胸が張って痛い
  • 頭痛がする
  • 下腹部痛がある
  • めまいがする
  • 吐き気がする
  • 下痢や便秘になる

 

症状に波があって、生理がくるとぱたっとなくなり忘れてしまいませんか。
もし、生理に関係なくこんな症状がでていたら自律神経失調症の可能性もあります。

 

 

生理前症候群(PMS)とは

生理前の14日〜3日に始まって、生理が来るとすぐ治る不快な症状のことです。

 

長くても生理がくれば2日で消えてしまいます。

 

女性ホルモンの乱れ

 

この黄体期のホルモンの乱れで起こるといわれています。

 

PMSの症状は、イライラ、憂鬱、泣きたくなる、情緒不安定、ぼっーとする、眠いなどの精神症状
めまい、むくみ、冷え性、頭痛、風邪のような症状、吐き気、下痢、胸の張りなどの体の症状
倦怠感(だるい)、疲れやすい、疲れが取れない、動きたくないといった全身の症状があります。

 

本当に更年期障害とそっくりです。

 

 

PMSは、強いストレスや育児の疲れ、過労で心身が消耗しているときに強くなります。
ストレスで自律神経が乱れると、女性ホルモンの分泌が乱れてしまいます。

 

特に30代はホルモン分泌が活発で、出産でホルモンが激変したり、仕事や育児が大変になるなど、PMSがでる方が多くなります。10代や20代では生理痛がひどかったけれど、30代になってイライラなどの精神症状が出てきた、体調不良がひどくなったというケースは多いです。

 

 

あなたの症状はどれに近い

更年期障害のような症状がでていても生理があり、10代・20代・30代ならPMSの可能性が高いです。
40代でも生理が38日以内にきているなら、PMSの可能性が高いです。

 

特に20代〜30代の場合、更年期(卵巣が老化する)は稀です。
40代で痩せている場合は、閉経が早くて更年期障害になることもありますので、婦人科でホルモン量を測ってもらいましょう。

 

更年期障害とPMSの簡単な見分け方

若年性更年期障害のような症状があって、
・生理不順がない(25〜38日なら正常)・・・・・・PMS
・生理不順でホットフラッシュがあって40代〜・・・更年期障害

 

詳しい見分け方⇒更年期障害・PMS・自律神経失調症の見分け方

 

 

 

PMSの症状を治す方法

 

PMSの治療方法は、

  1. ピルでホルモン治療
  2. 精神科薬で治療
  3. 漢方薬での治療

の3つの方法があります。

 

PMSを薬以外で治す方法

イライラや生理前になんとなく体調が悪くなるといったPMSの症状によいサプリメントもあります。

 

PMSは、ホルモンバランスの崩れで起こります。
特に強いストレスや育児の疲れ、過労で心身が消耗しているときに強くなります。
ストレスで自律神経が乱れると、女性ホルモンの分泌が乱れてしまいます。

 

PMSに効果的なサプリが「女性のミカタ すこやか」というハーブのサプリメントです。
このサプリメントには、チェストツリーというハーブが入っていて、女性ホルモンの乱れによいとされています。西洋で2000年以上使われてきた歴史の長いハーブです。ヨーロッパの漢方薬のようなものですね。

 

更年期には漢方がよいといわれていますが、PMSにもこのハーブサプリは有効です。
ドイツの研究では、チェストツリーが1634人のPMS患者のうち91%に効果があったそうです。
日本にもプレフェミンという同じ成分の薬がありますが、その研究では1ヶ月目に6割、そして3ヶ月目に90%の方が効果を実感したそうです。

 

デリケートゾーン石鹸を選ぶなら、デリケートゾーン石鹸ランキングのサイトが参考になります。

デリケートゾーン石鹸ランキング

 

PMSにはチェストツリーサプリがおすすめ

更年期障害のような症状があるけれど、月経不順ではない
という場合はPMSの可能性も

 

PMS更年期障害

 

PMSには「女性のミカタ すこやか編」がおすすめ

 

生理前の
イライラ・憂鬱・怒りっぽい・胸が張る・頭痛やめまいなどの心と体の症状に
PMSにいいチェストベリーがしっかり配合されています。
むくみや冷え、血行不良によいというウラジロガシやメリロートも配合

 

さらにイライラに効果的なビタミンBも配合されています。

 

女性のミカタは「すこやか」と「やすらぎ」がありますが、PMSに効果的なチェストベリーが入っているのは「すこやか」のほうです。

 

 

こんな方におすすめ
  • イライラして子供を叱りすぎる
  • 更年期のような症状がでて家事や仕事がつらい
  • 訳もなく憂鬱になる
  • 風邪でもないのにだるくて疲れる
  • むくみ・冷え・めまいがつらい

 

PMSサプリ女性のミカタすこやか

 

自律神経失調症かな、更年期障害かなと思っている方へ
婦人科に行ってホルモン治療をしたり、漢方薬を飲んだりする前にPMSサプリを1ヶ月間試してみませんか。
体に合えばイライラやめまい・むくみといった症状がぐっと楽になるかもしれません。

 

効果がでるのには3ヶ月かかると言われていますが、早い方なら2週間〜1ヶ月で効果がでる場合も

 

副作用がほぼありません。

 

婦人科にいって診断するときは、3周期分の基礎体温を測っておくとなお良いです。
基礎体温を測りつつ1〜3周期の間、チェストツリーで緩和すると良いと思います。

 

生理前の症状をサプリメントで対処!
PMSサプリの公式サイトはこちら