鎮痛剤 生理痛 ひどくなってから飲む

生理痛の時、鎮痛剤は痛みがひどくなってから痛む?前から飲むのか

 

鎮痛剤は飲むと体に悪いという印象があります。
それでできるよう飲みたくないという方もいると思います。

 

生理痛になった時に市販の痛み止めを使う場合、痛みがひどくなってから飲むのかそれとも少し痛み始めたらすぐ飲んだ方が良いのか迷う方もいると思います。

 

生理痛はあるレベルを超えてから薬を飲んでも効きにくいという特性があります。

 

痛みを我慢して耐えられないぐらい痛くなってから初めて薬を飲むというの味方だと薬の効き目が悪くなるということなのです。

 

生理痛で鎮痛剤を飲む場合は我慢できないレベルになってから飲むのではなく少し痛み始めたらすぐに飲み始めることが大切です。

 

生理痛ぐらい我慢しなさい、子供が産めない、くせになるなどといって生理痛で薬を飲むことを否定する方がいますがそれは全部間違っています。

 

鎮痛剤は飲み続けても癖になったり依存症なったりする心配はありません。
効果が低下してくることもありません。

 

ですが飲み続けると胃痛を起こしてしまうなど副作用を起こしてしまうという方はいますので、副作用を起こしにくい薬を飲んだり、飲む時にご飯を食べてから飲むな時に負担をかけかけにくい様に飲むという風な工夫が必要です。

 

また長期的に生理痛の薬を飲んでいく場合は肝機能が低下してこないか半年ごとに血液検査をしたり、薬を飲んでも効きが悪かったり体調に変化があるという場合には病院を受診するなど一定の注意を払う必要はあります。

 

このように正しい量を飲んで体調の変化に気をつけておけば薬に全く危険はありません。