生理痛 漢方薬 使い方 処方

生理痛によく使われる漢方薬、正しい使い方、処方してもらう方法

 

PMSの症状生理前症候群に漢方薬を使う方はだんだんと増えていますが生理痛に漢方薬を使うこともできます。

 

生理痛にはどのような漢方薬が使われているのでしょうか。
正しい使い方や副作用はないのでしょうか。

 

どこに行って処方してもらうことができるのでしょうか。

 

生理痛によく使われている漢方薬

漢方では体の異常を血・気・水のバランスを失った結果として起きると考えています。

 

生理痛にはこの3つが関係していますが特に抱えるが強いのは血の異常です。

 

その中でも特におけつが関わっているといわれています。
おけつというのは気の滞りのことで、おけつを改善する漢方薬を使うことがメインです。

 

それは桂枝茯苓丸や当帰芍薬散、加味逍遥散といった漢方薬で婦人科の三大処方ともいわれています。

 

この三つの薬には同じ成分芍薬という成分は共通で使われています。

 

どれを使うかはその人の体質や状態によって決めます。

 

  • 桂枝茯苓丸はがっちりした体の方に向いていて、
  • 当帰芍薬散は弱々しいタイプのt方、
  • 加味逍遥散はスリムで神経質な印象の方

などによく使われますが実際には合う合わないは使ってみないと分からないところも多くよく相談して試して決めることが大切です。

 

それ以外にも生理痛に処方される漢方があり、芍薬甘草湯や桃核承気湯や安中散、むくみを取る効果がある五苓散や、冷えなどに効果的なアンケートなどもよく使われます。

 

ここにあげている漢方薬は漢方薬の中でもごく一部で症状や体質によっては異なる漢方薬を使うことがあります。
体質に合った漢方薬を使うとそれだけで生理痛が軽くなったり生理のトラブルは少なくなることがあります。

 

ですのでいくつも試してみて合うものを選ぶことが重要です。

 

漢方薬の正しい使い方

  • 漢方薬は長く飲まないと効果が出ない
  • 効き目が分かりづらい
  • 副作用がない

などの誤解があります。

 

しかし漢方薬は全てが長くの漢方薬飲まないと効かないわけではありませんし、効果がないということであればそれは自分の体質に合っていない薬を使っていることの可能性が高いです。

 

使う方だけでなく処方するお医者さんや薬剤師の方でも漢方薬はゆっくり効き目が現れるなどと説明するかと思いますが、それは間違っているので、そのような梅はセカンドオピニオンを求めてきちんと漢方薬について理解している医師を選ぶことが大切です。

 

そして漢方薬にも副作用があります。

 

副作用に注意する

胃痛や下痢など胃腸が弱いかたは胃痛や下痢などが起こる場合があります。
高血圧で血圧が上がってしまう副作用が起こる場合もあります。

 

必ずお試し期間を設ける

初めに処方された薬は必ず自分の体調に合っているものとは限りません。
ですので処方された薬をただ漠然と飲むだけでなく2週間から3週間ぐらい飲んでみて効果の程を確認します。

 

もし効果がなければ薬の量増やしたり別の薬に変えたりすることで自分の症状に合う漢方薬を見つけることができます。

 

漢方薬はどこで処方してもらえるか

漢方薬は漢方薬局一般的な薬局などいくつかのところで処方を受けることができます。

 

漢方薬局で購入する場合は全額負担になってしまい保険を適用することができません。
ですが漢方は漢方薬局だけでなく一般的な西洋医学を行っている病院で処方を受けることができます。

 

婦人科などの病院であれば保険適用になる漢方薬も多いですので漢方薬を取り扱っている婦人科に相談することがお勧めです。