ひどい生理痛 対策

ひどい生理痛対策の薬記事一覧

生理痛にはカフェインが入っていない市販の鎮痛薬!

生理痛がひどい時は、痛み止めを1日に何度も飲むことになります。そうすると、無視できないのが痛み止めに入っているカフェインの量カフェインは鎮痛作用を強めるために配合されています。カフェインは血管を収縮させる作用があります。そのためズキズキする頭痛の時に飲むと効果的です。カフェインは血管を収縮させてしま...

≫続きを読む

 

ひどい生理痛に一番効くおすすめの薬は?

そのひどい生理痛、子宮の病気が隠れているかもしれません。鎮痛薬を飲む前に原因をチェック。副作用が少なくてよく効くおすすめ薬や生理痛を軽くするコツを紹介します!生理痛がひどい方はぜひお読みください。生理痛はだいたいの場合は市販の鎮痛剤で対処してよいのですが、その前に生理痛の原因をはっきりさせておきまし...

≫続きを読む

 

生理痛によく効く胃の負担が少ない薬

生理痛がひどいけれど市販薬を飲むと胃が痛くなってしまう。生理痛がひどくて痛み止めを飲んでいるが、生理が終わる頃には薬の飲み過ぎで胃がキリキリ痛んでしまう。生理痛がひどい時、どの痛み止めを飲んでいますか?市販の生理痛薬薬局で処方箋なしに買える薬は、バファリンバファリンEXイブAノーシンナロンエースセデ...

≫続きを読む

 

生理痛によく効いて眠くならない薬

市販の痛み止めを飲むと眠くなってしまうときは、痛み止めに、「ブロモバレリル尿素」やアリルイソプロピルアセチル尿素が入っていませんか。ブロモバレリル尿素やアリルイソプロピルアセチル尿素は、鎮痛作用を高めるために入っていますが、人によっては眠気が強く出てしまうことがあります。イブAには、アリルイソプロピ...

≫続きを読む

 

生理痛で痛み止めが効かないときはブスコパン

生理痛がひどい、痛み止めを飲み過ぎて胃が痛くなるバファリンを飲み過ぎるとつばがたくさん出て耳鳴りがするアセトアミノフェン(カロナール)が効かない下腹部がじーんと痛むお腹の真ん中の深いところ子宮が痛い子宮だけでなく、子宮の周り・・お腹全体がシククシ痛む生理痛の子宮の痛みは子宮が強く収縮すること、子宮の...

≫続きを読む

 

子宮内膜症・子宮筋腫ー病院に行くべき生理痛とストレスとの関係

子宮内膜症や子宮筋腫などの病気が原因で生理痛が起こる場合があります。どんな場合に病院に行くべきなのでしょうか。またストレスが原因で生理痛が悪化することはあるのでしょうか。生理の量が多いレバーの様な塊ができる不正出血がある生理の後もダラダラと出血が続く貧血になってしまうほど酷いなどの場合は子宮筋腫の可...

≫続きを読む

 

生理痛で婦人科にかかる場合の方法・どんな薬が処方されるのか

生理痛で婦人科にかかる場合何といって状態を説明したらいいのでしょうか。また婦人科で生理痛の治療を受ける場合はどんな治療があるのでしょうか。どんな薬が使われるのでしょうか。婦人科のかかり方生理痛で婦人科に行く場合上手なかかり方があります。生理痛で病院に行く場合重要なポイントは自分の状況をきちんと伝える...

≫続きを読む

 

生理痛の時、鎮痛剤は痛みがひどくなってから痛む?前から飲むのか

鎮痛剤は飲むと体に悪いという印象があります。それでできるよう飲みたくないという方もいると思います。生理痛になった時に市販の痛み止めを使う場合、痛みがひどくなってから飲むのかそれとも少し痛み始めたらすぐ飲んだ方が良いのか迷う方もいると思います。生理痛はあるレベルを超えてから薬を飲んでも効きにくいという...

≫続きを読む

 

生理痛の時の鎮痛剤の使い方!市販薬と処方薬の違いも解説

生理痛の時は正しく鎮痛剤を使うことが大切です。正しい生理痛の薬の使い方は痛くなるタイミングに合わせて痛む前から飲むこと少し痛み始めたらすぐに薬を飲むことが大切です。生理痛の痛みはひどくなってしまうと同じ鎮痛剤の量を使っても痛みが和らぎにくくなります。できるだけ早く飲んだ方が少ない量で痛みをコントロー...

≫続きを読む

 

生理痛によく使われる漢方薬、正しい使い方、処方してもらう方法

PMSの症状生理前症候群に漢方薬を使う方はだんだんと増えていますが生理痛に漢方薬を使うこともできます。生理痛にはどのような漢方薬が使われているのでしょうか。正しい使い方や副作用はないのでしょうか。どこに行って処方してもらうことができるのでしょうか。生理痛によく使われている漢方薬漢方では体の異常を血・...

≫続きを読む

 

生理痛をピルで治療する方法!使えない方・副作用・治療法

生理痛があまりにもひどい場合はピルを使って人工的に生理をコントロールし、生理痛を軽くする治療方法がとられる場合があります。生理痛の原因はプロスタグランジンの過剰分泌です。黄体ホルモンはこのプロスタグランジンの分泌に影響しているので、このホルモンを抑制することでプロスタグランジンの量減らし生理痛を抑え...

≫続きを読む