生理前 性欲

生理前に性欲が強くなるのはPMS

生理前に性欲が強くなって困る、同時に食欲やイライラもひどくて辛い。
もしかしたら、それはPMS(生理前症候群)の症状かもしれません。悩むよりまずは症状をチェック!

 

 

生理前に性欲が強くなるのでなんとかして抑えたい。
正直困っています。

 

何かの病気なのではないとかとても心配です。

 

 

生理前、生理と生理の真ん中当たりに強くなるなど波がありませんか?

 

もしかすると、そういうときは食欲もひどくて過食してしまったり・・
そして体重が増えて、イライラが激しくて精神的にもキツイ状態ではないでしょうか。

 

 

生理前症候群の症状をチェック

 

生理前にこのような症状はありませんか?
チェックしてみてください

 

精神症状

  1. イライラしてやつあたりしてしまう
  2. 涙もろく、落ち込みやすくなる
  3. 感情を抑制できない
  4. 無性に食欲が増す
  5. 性欲が増す/減る
  6. 気力がなくなりだるい
  7. 眠い/眠れない
  8. 不安になる
  9. 孤独感を感じる
  10. 緊張する
  11. 集中力が無くなり、ぼーっとする
  12. 失敗が多く、物忘れがひどい

 

身体症状

  1. むくんで体重が増える
  2. 乳房が痛んだり、胸が張ったりする
  3. 肌荒れ・にきびができる
  4. 頭痛がしたり、首や肩がこる
  5. 下腹部痛や腰痛がある
  6. 下痢や便秘になる

 

 

もし、いつくも当てはまるようなら、生理前に性欲が強くなるのは生理前症候群(PMS)という病気が原因かもしれません。

 

それなら安心です。
PMSは8〜9割の女性が悩んでいる病気です。
PMSの症状なら薬やサプリで改善できます。

 

 

 

生理前症候群が原因で強くなる

 

生理前症候群(PMS)という言葉を聞いたことがない方もいるかもしれません。
以前は月経前緊張症といわれていました。

 

生理前症候群(PMS)は生理が始まる10日〜3日前くらいからはじまる、心と体の症状で、生理がくると治まってしまう症状のことです。

 

生理前症候群は女性の8〜9割が経験しています。

 

「あなたは生理前に体や心に不快症状を感じますか?」
という質問に91%の方が「ある」と答えています。

hukai

 

症状や強さは人それぞれで、2%程度が仕事や学校に行かれないほどの状態になると推定されています。

 

生理前症候群(PMS)の症状は200種類以上あるといわれています。
そのたくさんの症状のうちの一つが性欲の増加/減少、食欲の増加というものなのです。

 

どうしてPMSが起きるか、まだ仕組みは解明されていないのですが、女性ホルモンのバランスの変動で起きるといわれています。

 

 

 

生理前の症状は女性ホルモンのバランスが原因

 

女性ホルモンには、エストロゲンとプロゲステロンという2つがあり、その量が変動して妊娠しやすくなったり、毎月生理が来たりします。

 

ホルモンの変化

 

PMSは閉経後や妊娠中など、生理がない時には現れない症状です。
性欲に波があるというのは、女性ホルモンが正しい周期で出ている証拠なんですね。

 

 

プロゲステロン(黄体ホルモン)が高くなるのが、生理前の2週間です。
いずれ赤ちゃんを産むための自然の摂理なので仕方ないのかもしれません。
ですが、それでもつらいものは辛いです。

 

私も生理前に性欲が強くなって苦しんでいました。

原因がわからず・・生理前症候群(PMS)で生理前に性欲が強くなるということを知らなくて悩んでいました。

 

女なのにどうして?
精神的に何か病気なのではないか?
でも人に聞いたりはできませんでした。

 

あるとき生理前のイライラと落ち込みがひどくて症状を一生懸命調べていたら、生理前症候群という病気を知りました。そこで性欲の変化もホルモンのせいで起きていることがわかりほっとしました。

 

 

原因がわかっても、つらいことには変わりないですよね。
生理前症候群で病院にいくなら婦人科ですが、そんな勇気はなかなか出ません・・

 

 

 

生理前症候群に効果がある薬はある?

 

なんとかこのホルモン変化を穏やかにしてくれる薬やサプリはないのでしょうか?

 

 

チェストツリーサプリ

実は生理前症候群にいいといわれているサプリがあります。
チェストベリーというハーブです。
女性ホルモンのバランスを整える作用があるといわれています。

 

 

ホルモン治療

また、ピルでホルモン療法するという方法もあります。
効果は強めなのですが、血栓症などの副作用もある薬です。

 

頭痛吐き気やむくみといった副作用が最初の数ヶ月続きますが、生理前の症状がものすごく強い方はピルを使います。
ピルは強力で副作用もあるので、使うのに抵抗があるという方も多いと思います。

 

 

チェストツリーのサプリ

チェストツリー

 

しかしチェストツリーはハーブだし、漢方薬みたいに効き目がなさそう・・

 

チェストベリーというハーブは、気休めではありません。

 

CMでもよくやっていますが、プレフェミンという薬をご存じでしょうか。
じつは、プレフェミンもチェストベリーの成分でできた生理前症候群(PMS)の治療薬なんです。
プレフェミンは、対面販売のみです。薬局に買いに行くと問診があります。

 

 

新しい薬のような感じですが、実は10年前からチェストツリーサプリは市販されていました。

 

 

チェストツリーは別名、貞操木ともいいます。
生理前のイライラやひどい食欲などに、チェストベリーなら効くかもしれません。
西洋では2000年前から女性疾患に使われていたそうです。

 

 

 

ネットで買えるPMSサプリ「女性のミカタ」

 

プレフェミンは薬局に行かないと買えませんが、チェストベリーが入ったサプリはネットの通販でも買うことができます。

 

チェストツリー配合サプリメント 「女性のミカタ すこやか編」

 

生理前のイライラ、過食、胸の張り、腹痛などの不快な症状に

 

女性のミカタ

 

このサプリには、すこやか編とやすらぎ編というのがあるのですが、
チェストベリーがはいっているのはすこやか編です。
チェストツリー
生理前の症状をサポートする「チェストベリー」を40mg配合
メリロートウラジロガシ
その他、体のむくみによいメリロートやウラジロガシを配合

 

神経系や代謝を正常に保つ働きのあるビタミンB群もたっぷりはいっています。

 

初月は980円
2ヶ月目以降は1780円
定期にしても合わないと感じればいつでも解約できる安心なコースです。

 

 

 

 

チェストツリー配合サプリメント「ルナベリー」

 

生理前のイライラ、過食、胸の張り、腹痛などの不快な症状に

 

生理前に性欲が強くなる。病気?どうにかして抑えたい

 

生理前の症状をサポートする「チェストベリー」を40mg配合

 

ルナベリーには、チェストツリーだけでなく、8つのハーブが配合されています。

 

女性のミカタとの最大の違いは初月500円でお試しできること
2ヶ月目以降は3960円です。

 

だたし4ヶ月の継続がお約束、もし4ヶ月飲んで効果がなければ飲んだパッケージを送り返すことで全額を返金してもらえます。

 

 

生理前がつらいので「女性のミカタ すこやか編」を飲んでいます

 

女性のミカタ
女性のミカタ すこやか編

 

ルナベリーは効かなかったら全額返金してくれます。
たとえば2ヶ月目でやめた場合、中身を捨てて4ヶ月分の袋を返送すれば返金してもらえます。

 

でもなんだか申し訳ないので、私は合わなかったらいつでも解約できる「女性のミカタ」のほうを選びました。

 

1日2粒飲むだけなのでとても楽です。
私にはとても合っているみたいで副作用も全然ありませんでした。

 

最近は市販薬がネットで買えるようになりましたが、
チェストベリーのサプリもネットで買えるので本当に助かります。

 

(公式サイト)毎月の生理をおだやかにするPMSサプリ

 

ルナベリー、女性のミカタ、PMSサプリをもっと詳しく見たい方はこちらもチェック!

 

 

 

 

 

 

「女性のミカタ」はこのような症状がつらいときにおすすめです。

 

PMSカラダの症状PMSココロの症状

 

体にあえば、生理前のイライラや食欲にも期待できますね。
チェストベリーのサプリは、女性のホルモンのバランスの崩れを抑える働きがあるので、生理が軽くなり、生理痛も和らぐといわれています。

 

女性ホルモンの分泌を調節する作用があるので、乳がんや子宮筋腫など女性ホルモンが原因となる病気がある場合は、サプリを飲んで良いか病院に相談してください。

 

女性のミカタサプリの公式サイト
女性のミカタ公式サイト

 

公式サイト⇒毎月の生理をおだやかに。「女性のミカタ」

 

最後に、

女性は女性同士でも性欲はタブー視されているところがありますね。
ですが、ホルモンの変化で起きる自然なことなので、あまり罪悪感を持たないようにしてください。

 

生理前は、イライラや食欲がひどく、眠かったりぼーっとしたりなど日常生活や仕事、勉強も生理に結構振り回されてつらいです。生理前症候群が原因なのであまり我慢せず、サプリメントを試してみてください。体にあえば結構らくになりますし、副作用もほとんどありません。

 

生理痛がつらいときは、イブやロキソニンなど痛み止めを早めに飲むのがおすすめです。我慢して痛みがひどくなるより前に飲んだ方が効きが良いです。一日3〜4回なら、習慣性もなく安全です。3〜4回飲んでも治まらないときは、子宮筋腫などの病気があることがありますから婦人科を受診してください。