pms悪化 年齢 タイミング

pmsが悪化する原因や年齢・タイミング

若い頃は生理痛だけだったのに、このごろ生理前のイライラがひどい
ピルをやめたらPMSが以前よりひどくなって再発

 

  1. ストレスが増えた
  2. 環境の激変
  3. 出産後
  4. ピルを飲み始めた・ピルをやめた
  5. 閉経の前の時期
  6. 思春期
  7. 30代

 

30代で悪化

pmsが悪化する年齢とタイミング

 

PMSは10代から始まることもあります。
多くなるのは20代から30代です。
特にイライラなどの精神症状が悪化するのが30代です。
妊娠〜出産〜授乳中は生理が止まるのでPMSもなくなるのですが、断乳後に生理が始まるとひどいPMSが再発してしまうことがよくあります。

 

30代半ばで育児疲れ、ホルモンバランスの崩れ、仕事のストレスなどが一気に重なってしまうためとされています。

 

 

環境の変化

 

環境の変化がストレスとなってPMSが悪化する場合があります。
たとえば、就職した・転職した・転勤になったという場合です。

 

その背景には

  • 仕事が忙しくなって睡眠を削っている
  • 健康的な食事を作って食べる暇がない

などがある場合があります。

 

 

なるべくPMSを悪化させないために

 

pmsが悪化する年齢とタイミング

 

強いストレスはPMSを悪化させます。

 

「ストレスが多いからPMSが悪くなる、もう治らないんだ」
と思うより
「ストレスを少しでも減らせばPMSもよくなるかも」
と考えたほうがPMSは良くなるのではないでしょうか。

 

アロマやゆっくりの入浴や睡眠時間をなるべく取る
というのも一つの手ですし、PMSの時期は、

 

仕事の能率が落ちてしまったり、育児や家事を多少減らしても、自分を責めないようにするといった心がけも大切です。

 

 

PMSに苦しむ方で適当な方はあまりいません。

 

普段は仕事がバリバリできて、責任感が強く、PMSのときの能力の低下が自覚できて辛い方です。