PMS イライラ 漢方薬

PMSのイライラや頭痛の緩和にいい漢方薬

生理前1週間のイライラやむくみ、頭痛といった症状はPMSといいます。

 

PMS緩和の漢方
生理痛のベースにおけつがあるとされていますが、このおけつはPMSも引き起こします。

 

  • 軽い気滞・・お腹がはる、頭が重い
  • 重い気滞・・イライラする、眠れない、目が赤い

 

PMSは普通1種類の症状ではなく、体のあちこちに症状が出ます。
漢方薬は同じ症状でも体質によって選ぶ薬が変わるので選ぶのは大変ですが、まずは一番治したい症状に効く漢方を飲みましょう。

 

ホルモンのリズムに合わせて飲む漢方薬を変えることもあります。

 

PMS(生理前のイライラ・情緒不安定)
気滞

 

症状 

  • イライラする
  • 怒りっぽい
  • 寝付きが悪い
  • 気分が不安定
  • お腹が張る

 

代表薬
気のめぐりをよくして神経の高ぶりを抑える
抑肝散加陳皮半夏(よっかんさんちんぴぱんげ)

 

 

PMSのイライラが強いとき
抑肝散(よくかんさん)
抑肝散加陳皮半夏(よっかんさんちんぴぱんげ)

 

むくみが強いとき
当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)
防已黄耆湯(ぼういおうぎとう)
猪苓湯(ちょれいとう)

 

生理前の頭痛がひどい時
竜胆瀉肝湯(りゅうたんしゃかんとう)
半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)
香蘇散(こうそさん)
呉茱萸湯(ごしゅゆとう)
当帰四逆加呉茱萸生姜湯 (とうきしぎゃくかごしゅゆしょうきょうとう)

 

不眠になるとき
加味逍遙散(かみしょうようさん)
帰脾湯(きひとう)
柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)

 

生理前にニキビが増える場合
清上防風湯(せいじょうほうふうとう)
温清飲(うんせいいん)

 

 

 

取り扱い店舗

カネボウ、コタロー、サラヤ、ツムラ、松浦漢方、クラシエなどで取り扱いがあります。

 

 

抑肝散(よくかんさん)
抑肝散 350錠 一元製薬株式会社

 

 

抑肝散加陳皮半夏(よっかんさんちんぴぱんげ)
抑肝散加陳皮半夏 エキス細粒 48包 松浦漢方

 

 

当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)
ツムラ漢方当帰芍薬散料エキス顆粒 64包
クラシエ当帰芍薬散錠 180錠
当帰芍薬散エキス錠N「コタロー」 150錠

 

  • 防已黄耆湯(ぼういおうぎとう)
  • 猪苓湯(ちょれいとう)
  • 竜胆瀉肝湯(りゅうたんしゃかんとう)
  • 半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)
  • 香蘇散(こうそさん)
  • 呉茱萸湯(ごしゅゆとう)
  • 当帰四逆加呉茱萸生姜湯 (とうきしぎゃくかごしゅゆしょうきょうとう)
  • 加味逍遙散(かみしょうようさん)
  • 帰脾湯(きひとう)
  • 柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)
  • 清上防風湯(せいじょうほうふうとう)
  • 温清飲(うんせいいん)