生理不順 効く 漢方薬

生理不順・ホルモンの乱れに効く漢方薬

選び方のポイント
生理周期の長さで使う漢方が異なります

 

 

生理が1回飛んだり、周期が長いタイプ

東洋医学では、気虚や血虚が原因と考えられます

 

生理不順:気虚

  • 元気がない
  • 体がだるい
  • 疲れやすい
  • うつ
  • 食欲不振

 

代表薬:気力を高める気のめぐりをよくする「補中益気湯(ほちゅうえっきとう)」
生理不順・ホルモンの乱れに効く漢方薬

 

エネルギー不足を補う

  • 補中益気湯(ほちゅうえっきとう) 全体的に元気がない人
  • 六君子湯(りっくんしとう) お腹が張る人

が代表的です。

 

 

生理不順:血虚

  • 生理量が少ない
  • 肌がかさつく
  • 髪にはつやがない
  • 立ちくらみする
  • 冷えやすい

 

代表薬:不足した血を補う「四物湯(しもつとう)」
生理不順・ホルモンの乱れに効く漢方薬

 

 

  • むくみがある場合は、当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)
  • ない場合は、当帰養血膏(とうきようけつこう)

も使われます。

 

 

 

生理周期が短い場合

気滞やおけつがベースにあります。

 

生理不順:おけつ

  • 生理の時血の塊がでる
  • 目の下にクマができる
  • 肩こりがひどい
  • あざができやすい
  • のぼせる

代表薬:血のめぐりをよくしておけつを取り除く「桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)」

 

精神症状がある場合は、
加味逍遙散(かみしょうようさん)
抑肝散加陳皮半夏(よっかんさんちんぴぱんげ) イライラが強い方向け

 

 

 

月経痛がひどい場合は

  • 桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)
  • 桃核承気湯(とうかくじょうきとう)
  • 温経湯(うんけいとう)

も効果的です。

 

 

いずれもロート製薬や一元製薬、イスクラ産業、JPSなどで取り扱いがあります。