生理痛 骨盤ゆがみ 体操

骨盤のゆがみを治して生理痛を緩和

骨盤のゆがみを治して生理痛を緩和

 

骨盤がゆがむと体がゆがみ、子宮や卵巣の血流が悪くなり生理痛や生理トラブルがひどくなってしまいます。
骨盤のゆがみをそのままにしていると痛みが強くなってしまいます。

 

もちろん骨盤のゆがみだけが生理痛の原因ではありません。

 

生理痛の痛みの仕組みと骨盤のゆがみの関係

 

子宮から経血を出さないといけない
↓  ↓  ↓
子宮はプロスタグランジンを出して子宮を収縮させる
↓  ↓  ↓
プロスタグランジンは痛みを起こす物質なので生理痛が始まる

 

ここで問題なのがプロスタグランジンが痛みを出す物質であるということです。

 

骨盤がゆがんでいると、経血が排出しにくくなり、結果としてたくさんの痛み物質が出てしまいます。

 

悪い姿勢や生活スタイルで骨盤がゆがんでしまうと、本来は内側を向いているはずの仙骨が飛び出てしまいます。

 

そうすると子宮を支える靱帯が強く引っ張られて生理時の痛みが増してしまいます。

 

 

体のゆがみが起こる仕組み

 

体のゆがみは骨が曲がるわけではありません。
骨ではなく、体の使い方を間違うことで、ねじれや歪んだ姿勢が習慣化してしまう状態です。

 

たとえばハイヒールで歩くとつんのめらないように体を後ろにそらせます。
パソコンを見るときいすや机の高さがあっていないと、あごを突き出したり、猫背になったりします。

 

このような状態を長く続けていると体がゆがみ骨盤もゆがんでしまうのです。

 

慢性的に肩こりがある、腰痛があって生理痛がひどい場合・・
首が凝る、冷えが取れない

 

そんな時はゆがみから生理痛や全身の不調がでているかもしれません。

 

 

骨盤のゆがみを治す体操

 

  • 骨盤回し
  • 股関節回し
  • 骨盤歩き(おしりだけで歩く)
  • 背中丸め呼吸
  • 美骨エクササイズ